宮本ローラです^^




前回の投稿に続きまして、
今回は、3つ目のツッコミポイントについて
レビューしていきます。




ランドオブハンモックYouTuber VIP

アドセンス削除リスク





ランドオブハンモックYouTuber VIPの
販売ページを見ると、

「アドセンス削除リスクが無い!」

「No Risk」

なんて書いてありますが・・・




これって、どういう意味かわかりますか?




「ランドオブハンモックYouTuberのノウハウは、
アドセンス削除リスクが無いので、No Riskですよ~」
という意味ではありませんからね~(^_^;)




白石達也さんは、
「例えアカウントを剥奪されても、
痛くもかゆくもありません。
そもそもYouTube広告から発生する報酬を
頼りにしていないからです。」
と言っています。





「例えアカウントを剥奪されても」って・・・




「アカウント剥奪されるの前提かいっ!!」
というのが3つ目のツッコミポイントになりますw




「アカウント剥奪されても、YouTubeATMシステムで
ランドオブハンモックYouTuberのアフィリエイトできるし、
メールアドレスも集まるし、稼げるから、No Riskだよ」
という事のようですww





販売ページには、アカウント剥奪について———————————-
下記のように記載されています。




「アドセンス広告という手法で稼いでいる教材の多くは、
稼げても途中でアドセンスのアカウントが削除されて
一気に0になってしまう。というケースが多いです。

ハンモックYouTuberランドでは
YouTubeATMシステムによってアドセンスで稼げる金額の
数十倍の金額を別の経路から稼げますので
アカウント削除リスクが微々たるものでしかありません。

またリストも自動で溜まるようになっていますので
資産が溜まっていきます。」




ハンモック剥奪されても





「白石さん、でもYouTubeって、
アカウント剥奪リスクがありますよね?」

という意見が出る前に言っておきますが
例えアカウントを剥奪されても痛くもかゆくもありません。

そもそもYouTube広告から発生する報酬を頼りにしていないからです。

YouTubeATMシステムはメールアドレスリストを自動で収集し、
そこからオートマティックに営業がかけられていく仕組みがとられています。

メールアドレスリストから報酬が発生する仕組みがとられていますので、
アカウントを剥奪されてもあなたの資産は完全にセーブされているのです。

よくある「アドセンスで稼ぎましょー」という展望に広がりが無い
ちんけな話をしているわけではないのです。

メールアドレスはあなたの資産として蓄積されていきますので
収入は確実に右肩上がりになります。

他の人達が(長い時間をかけて収益が出だした)
アカウントを剥奪されて0になっている間でも
あなたはメールアドレスを数百~数千保有している状態で
また新しいアカウントを作る事が出来るのです。

通常のいつまで続けても貧乏父さん的な場当たり的な稼ぎ方ではなく、
資産が積み上がっていく金持ち父さん型の稼ぎ方なのです。

つまりやればやるほど年収は増え続けていくのです。

もちろん、YouTube広告からの収入も期待することができますし、
アカウントが剥奪されても
メールアドレスから発生する収益が剥奪されることは絶対にありません。

YouTubeATMシステムは自動でお客さんを濃くしてくれるので
収益だけではなく濃いリストが定期的に
あなたの手元にはいってくるようになるのです。




————————————————————————–




こんなに「アカウントを剥奪されても」を力説している
販売ページは珍しいと思います。




アカウントを剥奪された方、
たくさんいらっしゃるんでしょうか?




「例えアカウントを剥奪されても痛くもかゆくもありません」
ってどんなノウハウなのか?・・・




自分で動画を作るというよりは、
著作権に思いっきりひっかかっている感じなんですよね~w




テレビ番組を転載したり、
海外のお笑い番組などを勝手に投稿して、

動画の最後に
「YouTubeで月額36万円の不労所得を得る方法はコチラ」
というふうに
白石達也さんが用意したランディングページに誘導し、




月額36万





月額36万1





メールアドレスを登録した人を、
ステップメールで教育し、
ランドオブハンモックYouTuberを販売するのが
YouTubeATMシステムの仕組みです。




人気の動画にうまく当たれば、
再生回数も増えて、
1万、10万、100万と再生されているうちは、
そのうちの数人は購入するかもしれないので、
短期的に稼いでいる人は出てきているようです。




実際に稼ごうと思ったら、
素人が動画を作っても、見る人は少ないので、
お笑い芸人の動画を転載したり、
本来タブーとされている手法に手を出して行っているのが、
現状のようです。




著作権ギリギリのグレーゾーンを狙うというなら、
まだ理解できるのですが・・・(^_^;)




白石達也さんは、
「そもそもYouTube広告から発生する報酬を頼りにしていない」
と言っていますが、
YouTubeのアカウントを剥奪されたら、
白石さんご自慢のYouTubeATMシステムに
誘導しにくくなりますよねw




「また新しいアカウントを作る事が出来る」

「動画も削除されたら、また作ればいい」

というスタンスのようですし、




アカウント剥奪のリスクも大きいので、




ローラ個人的には、
かなりエグイやり方だと思いますw




「塾のマニュアルのとおりにやってみたら、削除されてしまった。」

「いつ、YouTubeアドセンスアカウントが削除されるかビクビクしている。」

「なかなか収益化できない。」

ということでお悩みの方も多いと思います。




私なら、
「YouTubeアドセンスをいかに傷つけないようにするか」
を丁寧に解説しているようなノウハウを選びますけどね。




こんなに頑張って作業したのに、水の泡・・・。
なんて事になるのは避けたいですから!




ランドオブハンモックYouTuberとは、
ランドオブハンモックYouTuberを売る為のコンテンツで、
YouTubeで稼ぐ事がメインの商材では無いと思います。




次回は、
白石達也さんの
「ハンモックYouTuberアカデミー」
についてレビューしていく予定です。




お読みくださり、ありがとうございました^^



 

「ネットビジネス 比較 掲示板」 管理人 宮本ローラ